水を飲みすぎると中毒

飲みすぎ危険。水飲む量を考える

水をどのくらいの量を飲むと中毒

通常の生活を送っていると、水を頻繁に飲み、使用していることがあります。また、白湯にはデトックス効果があることから美容にも使用されることがあります。ですが、あまりにも多い量を摂取してしまうと中毒を起こすことがあり、吐き気や頭痛、意識の低下、けいれんなどの症状が出てきます。ひどい場合には命にもかかわることになるので、適切に飲むことが重要になってきます。1日に摂る水の量としては、50㎏の人の場合、1.5リットルとなります。1㎏あたり30ml必要となるので自分の体重に合わせた分を飲むことが大切です。ですが、スポーツをした後などは若干多めに摂るようにします。

水分の取りすぎは怖い「水中毒」

健康な生活を取るうえで、水分を取ることは重要なことだと考えられています。ただし、それも過剰に摂取してしまうと、なんと「水中毒」という症状を引き起こしてしまうことがあるのです。症状としては、体が冷えたり、胃腸の機能を低下させる、また軽度の疲労感とともに頭痛や吐き気などを引き起こすといった軽度のものから、なんと痙攣などが引き起こされる場合もあります。さらにそこから進行すると、意識不明に陥り、命を落とすこともあるのです。上限は食事でとる分を除くと大体2リットル程度であると考えられているので、取りすぎないように注意するようにしましょう。

水と中毒の情報について

新着情報

↑PAGE TOP